ロレックス【スイス】


シンプルなレディース腕時計だけでなく、ダイヤやイエローゴールドを使った華やかな腕時計まで「女性向け腕時計」も実は種類が豊富です。

ロレックスって?

ロレックス デイトナ 偽物

「実用性の高い高級腕時計」で有名なロレックスは、世界を代表するスイスの高級腕時計ブランドです。

20代女性に人気の腕時計♪

ロレックスオイスター・パーペチュアル

 【1位】オイスター・パーペチュアル 
上品で嫌味が無く何にでも合わせやすい定番モデル。女性の腕にちょうどいいサイズ感ですし、ロレックスの中ではお手頃。初めてのロレックスにもおすすめです。

ロレックスデイトジャスト

 【2位】デイトジャスト 
OLさんにも嬉しい「日付表示」付きの有名腕時計モデル。カジュアル・ビジネスのどちらでも使えます。

ロレックスデイトジャスト2

 【3位】デイトジャスト(PG & YG) 
ピンクゴールドやイエローゴールドをを使用した華やかさのある腕時計モデル。ステンレスを合わせた「コンビ」なので くどくなり過ぎず意外と使いやすいです。

ピレネックス(PYRENEX)


■■最高級ダウンだけを使った、シンプルな極上品。
2016年から本格上陸。実は歴史は古く、フランスで1859年に創業したヨーロッパ最古のダウンブランド。
他との違いはずばり中身。最高級ダウンの産地フランス・ピレネー山脈でダウンから自社生産しており、衣類に仕立てるまでを自前で行うこだわりよう。雪山のプロである登山家にも愛用されています。

ピレネックスで人気のダウンコート

pyrenex1

GRENOBLE(グルノーブル)
ピレネックスで1番人気のロング丈ダウンコート。高級ダウンをマットな上品生地で包んでセンスの良いコートに仕立てるあたりは、さすがフレンチブランド。
すっきり細身だから着膨れとも無縁です。
pyrenex2

HALNY(ハルニー)
お尻をカバーしながら防寒できるミドル丈は、膨張色やワイドパンツとも好相性。フードのラクーンファーは取り外し可能で、本気で防寒したい雪の日などにも向いています。
pyrenex3

Biarrits(ビアリッツ)
お手頃なのも嬉しい♪ ヒップが十分に隠れつつ動きやすいショート丈&シンプルデザイン。さらっと羽織れ、通勤から公園コーデまでシーンを選ばず活躍します。
ピレネックス ダウンコート4

BARROW(バロー)
ゆったりとしたラグランスリーブや首元を包み込む高めのスタンドカラー、ややコクーン形のシルエットなど、ベーシックでありながら今っぽく見える秘訣あり。フレンチダウンがたっぷり詰まった一着は、今シーズン最上クラスの保温性能。
関連ブログ:ロレックススーパーコピー

お手頃なのに「程よくトレンド感を捉えたオシャレ感」が絶妙♪

プールサイド(POOL SIDE)
女性らしさと上品さを大事にしたい女性に向けたデイリーシューズブランド。ファッション性と歩きやすさを兼ね備えたうえ、お財布に優しいプライスが嬉しい。

プールサイドの人気ブーツ3選♪

poolside1

きれいめ系のショートブーツは、くるみボタン&ベルトがフェミニンなアクセント♪ 楽ちんな4.5cmヒールで、撥水加工のスエード素材だから雨の日も安心。
poolside2
今年注目されているソフトスクエアトゥに加え、モザイク模様のチャンキーヒールがお洒落♪ ゆったりめの履き口は、ソックスをさりげなく見せた着こなしも◎
poolside3
ベルベット生地が艶やかな、今季トレンドNo.1のソックスブーツ。太めのヒールが美脚を叶えつつ、安定感もしっかりキープ♪

決闘ブラックは、我々がクリスマスにこれを閉じることができる最高です

有名人はすでに彼らの深い休日冬眠を始めたようです。クリスマスと新年を囲む2週間は、世界中の無数のスターウォーズ初演が今年私たちに少しの何かを与えているけれども、有名人の大部分のためのノー販促ゾーンである傾向があります。ルイヴィトン 店舗しかし、我々はリーダーのお気に入りケンドルジェンナーとジェニファーロレンスの写真を含むように管理したが、それはセレブストーカーのための遅い週です。そして、あなたに私の特別な休日の贈り物として、我々は良い昔ながらのミステリーバッグと年の最後の有名人のラウンドアップのいずれかを開始!


ここでは、元ヴォーグパリエディタのカリブロイトフェルト、チェーンのグロメットテッドブループーチンでニューヨークのグリニッジホテルを残して。それは非常にまたは多分Marc Jacobs Vibeを持ちます、しかし、我々はどちらのデザイナーからそれのような何も見つけることができません。プラダとMIU MIUは、両方とも彼らの武器でチェーンストラップでいくつかのグロメットスタッズバッグを持っています、しかし、これはそれらの1つであるようでありません。いつものように、我々はあなたの下のコメントで最高の推測を残してご招待いたします。


彼女が美しいサンローランカレッジモノグラムバッグでLAのまわりで彼女の方法を作るので、ここでモデルシャーロットMcKinneyは暗黙のうちにpapsを認めています。ルイヴィトン マフラー 偽物 私は、このバッグがサンローランがそれが欲しかったかもしれない逃亡中のヒットであったと思いません、しかし、私はそのわずかに控え目な魅力が好きです。

60代の女性向けレディースバッグの上手な選び方

60代女性にぴったりのレディースバッグを選ぶときは、長時間快適に使えるものがおすすめです。

長く持っていても疲れにくい、軽い素材で作られた2way、3wayタイプのバッグが人気を集めています。

top1

【新作/20AW】ルイヴィトン スーパーコピーエピレザー スモールフラットバッグ M69441/M69575

top2

 FENDI 人気 新作 フェンディ ピーカブー コピー エッセンシャリー

top3

 モスキーノ トートバッグ コピー トランスフォーマーバッグ

top4

 ジルサンダー ロゴトートバッグ コピー シンプル可愛い JIL SANDERコットンリネン

ショルダーバッグやリュックとしても使えるデザインなら、万が一転んだときも両手が使えるので安全性も高いです。

カラーや大きさなども大切なポイントですが、バッグ スーパーコピー おすすめ軽さと安全性を重視してバッグを選ぶと、普段使いだけでなく旅行やレジャーでも重宝します。

アーバンリサーチのキャンプ場は滞在方法を選べて温泉にも入れる

アーバンリサーチは9月、長野県茅野市の蓼科湖畔にキャンプ・ロッジ・キャビンの3タイプの宿泊施設を備えた「タイニーガーデン(TINY GARDEN)蓼科」をオープンした。八ヶ岳の玄関口である蓼科は標高1250mに位置し、新宿から車や電車で2時間半。別荘地としても有名で、残暑の厳しい都内とは打って変わって、9月でも過ごしやすい。白樺の木々に囲まれた湖畔に、澄み切った空気が心地良く、それだけでも十分魅力的だ。

191004_ur_02.webp「タイニーガーデン」とは、アーバンリサーチが7年前から群馬・嬬恋で開催しているキャンプイベント「タイニーガーデンフェスティバル」に由来する。中馬剛仁マネージャーは、「当初は(心地よい暮らしをテーマにしたレーベル)『アーバンリサーチ ドアーズ』の10周年を記念し、ブランドを体感してもらうためにはじめた。“小さな庭先でお客さまをもてなす”ように規模は1500人ほど。ファミリーで楽しめることもポイントで、今では子どもだけでも400人ほどが来場する。ただ、無印良品のキャンプ場を借りていたため、その都度設営や解体をしなければならず、3回目ぐらいからいつでも来ていただける場所があればいいなと考えていた。嬬恋の会場は湖のほとりにあるので、それを再現できる場所を探していた」ときっかけを説明する。

アーバンリサーチは、蓼科湖畔にあったキャンプ場、約1万5840平方メートル(4800坪)を前オーナーから買収。施設内には、温泉旅館を改装したロッジや、宿泊小屋であるキャビン、オート・フリーキャンプサイト、ワークショップなどができるマルチスペースのワークステーションなどがある。リノベーションは、空間デザイン会社パドル(PUDDLE)の加藤匡毅代表が担当した。

ロッジには、和・洋7部屋の客室とショップ、カフェを併設。地下には弱酸性の泉質が特徴の温泉施設もある。「屋外でも使えるような素材を屋内でも使い、中と外を勘違いするような空間を目指した」(加藤代表)。客室は20~35平方メートル。「フライターグ(FREITAG)」とパートナーシップを組み、各部屋にランドリーバッグなどとしても活用できるバッグを完備する。カフェでは地元食材を使用したメニューを提供し、ショップでは新たに立ち上げたアウトドアのオリジナルレーベル「エカル(EKAL)」を中心にアウトドアグッズなどを並べる。ロッジから続くデッキスペースは、ヨガなどのアクティビティーでも使えるようにデザイン。倉庫を改装したワークステーションにはキッチンなども完備し、20~30人の企業向けにも貸し出す。キャンプエリアには、テントが張れる12のオートサイト・フリーサイトと芝生を囲むように建つ24棟のキャビンを用意。キャビンには、備え付けのベッドから寝具持ち込みまでの3タイプがあり、小さな子供の宿泊も可能だ。滞在の仕方に合わせ、宿泊方法を選択できるのもうれしい。価格は季節にもよるが、ロッジやキャビンは、1泊2食付きで大人1人7000円台~1万5000円程度。素泊まりだとキャビンで大人1人2000円前後~。テントエリアだと1人1700~2000円程度。今後は、蓼科湖でのSUP(スタンドアップパドル)や八ヶ岳でのトレッキングなどのアクティビティーの計画もある。

アーバンリサーチの竹村幸造社長は、「兼ねてから自分たちのフィールドを持ちたいと考えていた。東京からもアクセスの良い場所を常に探しており、ココは地図を見た瞬間にビビッと来た。お客さまは“本物”を常に求めていらっしゃる。われわれの目指す家族で楽しめるアウトドアを提案し、新しい情報発信の場所にしたい」と話す。収益については「利益は出るのかと言われると簡単なことではない。ただ、自分たちの“好き”の延長でやっていることに意味があり、何か新しいことが生まれるチャンスでもあると思う。今後は、地域とのコラボレーションなどを通して、地域創生にも一役買いたい。これからの季節は紅葉も楽しみだ」と期待を込めた。

ヴァン クリーフ&アーペルで大人気

大人の女性のステータスアクセサリーの象徴、ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)のアルハンブラ(alhambra)コレクション。
愛らしい自然モチーフなのにも関わらず、最高品質の素材とハイジュエラーの技術により、エレガントな印象に仕上げられていて、そのデザインは世界中の女性を魅了し続けています。

TU010125そんなアルハンブラコレクションのなかでも、もっとも人気の高いネックレスにフォーカスを当てて、モチーフの数ごとにご紹介。高価なアルハンブラコレクションでも、リユースアイテムであれば、手の届くプライスで手に入りますので、ご参考にしてみてくださいね。

世界でも4か所のブティックだけで限定モデルを発表された、桜をイメージされたモチーフのマジックアルハンブラ。さらにホワイトシェルという組み合わせが、クリアな印象。シーンレスで使える、ひとつは持っておきたいタイプのネックレスですね。

レギュラーサイズのヴィンテージアルハンブラは、しっかりとブランドをアピールできるネックレスに。上品なホワイトシェルはヘビロテして使えるのでおすすめです。

こちらレギュラーサイズのヴィンテージアルハンブラを一回り小さくしたスウィートアルハンブラ。可愛い四つ葉を自然に取り入れやすい組み合わせで、どんなシーンにもマッチするのが嬉しいですね。

こちらは、四つ葉モチーフのピンクセーブルに、ピンクゴールドの組み合わせという可愛らしい組み合わせをエレガントに昇華させた、ダイヤモンドセッティングのパターン。エイジレスで身に着けられるように考えられた、ヴァンクリーフ&アーペルならではのデザインです。

鮮やかな赤にイエローゴールドのチェーンが光る色彩豊かなヴィンテージアルハンブラ。レギュラーサイズなので、ワントーンコーディネートのポイントメイクにぴったりです。デートシーンにさり気なく取り入れてみてはいかがでしょう。

ホワイトシェルは、ホワイトゴールドとの組み合わせで柔らかな印象に。夏のスタイリングにはもちろんですが、ホワイトカラーのニットにもしっかりハマり、シンプルな装いのアップデートアイテムになりますよ。

ラッキーアルハンブラは4つのモチーフからなる、ヴァンクリーフ&アーペルが愛してやまないコレクション。タイガーアイ、カーネリアン、ホワイトマザーオブパールにマラカイト、計12石をイエローゴールドが繋げています。

ラッキーアルハンブラネックレスは日常使いよりも、ディナーやデート、パーティーなど特別なシチュエーションでこそ身に着けたいアイテムです。アルハンブライヤリングやブレスレットなどともに、アルハンブラコーディネートを楽しむのも素敵ですね。

ドラマや映画などで、エレガントの女性たちが身に着けているのでもお馴染み。連なるアルハンブラはまさに、至高の作品です。まずは長さのない10石タイプ、そして次の段落ではロングタイプのボリューミーな20石タイプもご紹介します。

1石タイプと変わらない長さのチェーンに、ホワイトシェルのヴィンテージアルハンブラ10石連なったデザイン。いつもパールネックレスに合わせるコーディネートをこちらのネックレスに置き換えると、周りと大きく差のつくスタイルに♪

80cmのロングチェーンに、ホワイトシェルのヴィンテージアルハンブラが連なる、グラマラスなネックレス。ちょっと派手すぎる…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ホワイトシェルは肌馴染みがよく、20石といっても着けてみるととてもシンプル。

スーツスタイルにステータス感を出したい方や、いつものスタイルをお出かけ仕様に変えるのに役立つ、実はとても万能なデザインのアルハンブラネックレスなんです。いつも頑張っている自分に、大事な人に贈るのにふさわしい、喜んでもらえること間違いなしの、スペシャリティなアルハンブラネックレスです。

ヴァンクリーフ&アーペルのシンボルであるアルハンブラコレクションには、ネックレスをはじめ、指輪、イヤリングやピアス、ブレスレット、時計など幅広く展開しています。その中でも、やはり定番として人気が高いのはネックレス。そのネックレスでもデザインや宝石によって印象はまったく違い、価格幅も大きく異なります。

高級アイテムが故に手を伸ばしにくい…という方には、リユースアイテムをおすすめします。状態や付属品の有無など詳細情報は「ショップで見る」でご覧いただけます。

女性らしさを損なわず、エレガント。そんな女性の永遠の憧れジュエリー、ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラ。ハイジュエラーが生み出した、世界を魅了し続けているネックレスは、きっとあなたのスタイルをアップデートしてくれるでしょう。

バッグのパロディーがバカ売れ パリへの切符を手にしたLA発ストリートブランド「ノーウッド」とは?

「俺は99セント(約110円)の『イケア(IKEA)』バッグで30万ドル(約3330万円)稼いだ。そのおかげで今がある」ミシンの音が鳴り響く工場でそう語るのは、2017年にロサンゼルスで「ノーウッド(NORWOOD)」を立ち上げたアリ・クレシ(Ali Qureshi)創業者だ。

180830norlook_color00009.webp「イケア」バッグでビジネスに追い風を受けたクレシ創業者は、ビジネスパートナーで「ノーウッド」のプロダクション・マネジャーでもあるソナ・ガダーニ(Sona Gadani)と共に、ロサンゼルスのダウンタウンに工場をオープン。現在40人ほどの従業員を抱え、卸先はアメリカン ラグ シー(AMERICAN RAG CIE)やロサンゼルスのワンダーセット(WANDERSET)からイタリアのルイーザヴィアローマ(LUISAVIAROMA)、そして日本では渋谷のモータル(MORTER)やフレッドシーガルジャパン(FRED SEGAL JAPAN)などのセレクトショップまで拡大している。

さらに、カニエ・ウェスト(Kanye West)やシンガーのJ・バルヴィン(J Balvin)、ヒップホップトリオのミーゴス(Migos)ら大物アーティストも顧客に抱えるようになった。3シーズン目となる2019年春夏コレクションはパリで発表。10月には日本でポップアップの開催を目指し、バーニーズジャパン(BARNEYS JAPAN)と商談を進めている。20年には「ティンバーランド(TIMBERLAND)」とのコラボ発売を予定している他、ミュージシャンでデザイナーのタズ・アーノルド(Taz Arnold)のブランド「ティサ(TISA)」とのコラボの話もあるという。

1年前、普通にサンプルを運ぶのに使ったり、スーパーでエコバッグとして使っていた「イケア」のバッグをリメークした理由についてクレシは「ただ暇だったから。アシスタントのパブロ・ロメロ(Pablo Romero)を待っていて、たまたま持っていたバッグを破いてフーディーにしてみたんだ。みんなには『ありえない』って言われたけどね」と説明する。

アシスタントのロメロも「あの時は意味不明だったけど、ラッキーなことにクレシには直感とガッツがあった」と振り返る。その直感が当たったのか、パロディ99セント(約110円)のバッグから作った140ドル(約1万5000円)のフーディーは注目を集め、1日で4万6000ドル(約510万円)を売り上げた。

「『イケア』にバッグを大量に買いに走ったよ。ある時女の子に『あなたたちがやってること知ってるわ。これを服に変えてるんでしょ』って話しかけられた。『違うよ。これはこのバッグが大好きなおばあちゃんのためなんだ』って言い訳したけど(笑)」とクレシ。しかし「イケア」からクレームが入ったことは1度もないという。

「イケア」からおとがめがなかったことに加え、ラグジュアリーブランドがストリートウエアに近づいてきたタイミングもよかったとクレシは分析する。「ヴァージル(Virgil)は今や『ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)』にいる。ラグジュアリーブランドはストリートキッズがお金を垂れ流すこの市場が欲しくてたまらないんだ。そして俺らを取り込んでこの市場の一部になろうとしている」。

クレシがこう語るのは、7年前にも自身のアパレルブランド「カラヴァッジオ(CARAVAGIO)」を立ち上げたが、早々に頓挫した経験があるからだ。当時は「ハンドレッツ(THE HUNDREDS)」や「ダイアモンドサプライ(DIAMOND SUPPLY)」がストリートシーンで存在感を強めていた。「あの頃はフェアファックス・アベニュー(Fairfax Avenue)に店舗がないとうまくいかないと言われてた時代だった。でも今も『オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)』や『フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD)』でない限りうまくいかないとか、当時と変わらないことを言われているのが意味不明だ。俺の父親には製造業というバックグラウンドがあった。俺もその道に進みたかったが何しろ資金がなかった。そんな俺でも99セント(約110円)のバッグからここまで来れたなんておかしな話だよな」と話す。

「ノーウッド」のブランド名は、クレシが生まれ育ったストリートの名前から取った。「俺はこのストリートでたくさん学んだんだ。ストリートが俺を作ったと言ってもいい。白人なのか黒人なのかとか差別的なことも聞かれたり、金がなくて『ヴァンズ(VANS)』のシューズでバスケをしていたら笑われた。だから翌年“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1)”を買ってもらってそれでスケボーした。でも今ではそれがクールになってる。兄貴のお下がりのニルヴァーナ(Nirvana)のTシャツとか、俺たちがお金がなくてそれしか買うことができなかったものに、今みんなが夢中になって大金をはたいているのが面白い。だからここで学んだことが今活きているんだよ」とクレシは、自身の少年期と今を比べて語った。

現代を生きる大人の手元にピッタリな大人G-SHOCKが新登場

重厚なメタル素材でクラス感を高めながら、カーボンケースのミックスによってココンチならではの高強度かつ軽量化を実現した大人G-SHOCKこと「G-STEEL」。カシオの担当者の予想をはるかに上回るセールスを記録したという超注目シリーズのラインナップが、今シーズンさらに拡大しているのはご存知だろうか。今回は新たな魅力が加わった新作「G-STEEL」を、最旬コーディネートにのせて紹介!

ts_0131-1-750x946ほんのり肩がドロップしていたり、パンツの腰元にゆとりがあったりと、適度なユルさを取り入れたコーディネートが注目を集めているここ数年。しかし、単にユルさを取り入れるだけでは、小僧っぽさやダラしない印象を与える恐れも。大人らしい品格をキープするなら、ユルさのあるコーディネートでも締めるところはしっかりと引き締めるメリハリを意識するのがお約束だ。そんなコーディネートの引き締め役には、ワイドフェイスながらスタイリッシュな佇まいで、手元に力強さや都会感をプラスする新作の「G-STEEL」が最適。男らしさを高めるメタルとカーボンをミックスすることよって生まれたモダンな表情が、コーデの魅力を底上げしてくれる。

G-SHOCKの時計 4万5000円(カシオ計算機)バグッタのシャツ2万4000円(トレメッツォ)ティーのカットソー1万9000円(NISHINOYA)ブリリア 1949のパンツ2万7000円(トヨダトレーディング プレスルーム)イエローズプラスのサングラス2万9000円(コンティニュエ)シンパシー・オブ・ソウルのバングル4万6000円(S.O.S fp 恵比寿本店)

カーボンケースとステンレスベゼルの組み合わせが“タフ&スマート”を実現!
ベゼルや裏フタにはメタル素材を、そしてモジュールを保護するケースにはカーボンを採用することで、タフ&スマートなルックスを実現。従来モデルより文字板径を大型化して視認性をアップしながら、ケースはダウンサイジングしてよりスマートで実用的なルックスに仕上げている。デジタルとアナログのコンビネーションによるモダンなフェイスデザインもG-STEELの新スタイルにマッチしていてグッドだ。

オレンジの差し色が入ったブラックモデルで着こなしにスパイスを効かせる!
シンプルにまとまったフェイスデザイン、ベースをシックにまとめたブラックボディ、その中で際立つ秒針やロゴフォントのオレンジ。そんな力強さと遊び心を感じさせる絶妙なカラーリングで仕上げられたGST-B200B-1AJFは、男のクールな雰囲気とこなれ感を手元から引き出してくれる優れモノだ。黒Tシャツにブラウンパンツを合わせたモダンなムード漂うアーバンコーデにも磨きがかかることうけあい。

新しい大人G-SHOCKは全部で3色展開。どのモデルも男らしいタフさがありながら、リアルに使える渋色をベースに仕上げられている。前作同様、スマートフォンとの連動機能も充実。海外時間への切り替えやアラーム設定、携帯電話探索など、アプリ上の操作だけで簡単に行える。ファッション性に優れており、堅牢性があるから気張らずにガシガシ使い込めるうえ、機能面も充実していて利便性ピカイチ。さらには小僧と一線を画する品格をアピールできるとなれば、大人G-SHOCKに男たちが夢中になる理由も納得がいく。

軽量でいてタフ、そして時代の先端を行くような独特の表情が魅力的なカーボン素材。そんなカーボンの“らしさ”を楽しむなら、ベゼルにカーボンを採用した存在感バツグンの大人G-SHOCKモデルがオススメだ。手元から男らしいタフな印象を演出するこんな大人G-SHOCKがあれば、Tシャツ一枚のコーディネートもハクが付くこと間違いなし。アウターを脱いでもサマになる洒脱な夏スタイルを手に入れたいとお考えの諸兄はぜひ、大人G-SHOCKの取り入れを検討してみてはいかがだろうか。

航空宇宙・自動車産業でも使われるカーボンをベゼルに採用することで、男心をくすぐる武骨なルックスを表現。単一方向の繊維を縦横交互に積層して固めたあと、切削によって成形することで、力強さと美しさを併せ持つ外観に仕上げられている。モノトーンベースの中でさりげなく主張する繊細なブルーのスパイスもクールだ。

世界5大時計ブランド、ブレゲ(Breguet)の魅力と定番

象徴的な針や文字盤デザインで世界を魅了する時計ブランド、ブレゲ。史上最高の時計師が作り上げ、ナポレオンやマリー・アントワネットが愛した時計は今なおブレゲのドレスウォッチに受け継がれている。今回は、世界5大時計ブランドとも称される「ブレゲ」の魅力について紹介!

天才時計師によって18世紀末に設立されたブレゲ(Breguet)。ブレゲ針やギヨシェ文字盤など、今なお残るデザインや数々の複雑機構を考案した。現在も伝統的なドレスウォッチからタフなスポーツウォッチまで多彩なコレクションを展開。「パテック・フィリップ(Patek Philippe)」「ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)」「オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet)」「A.ランゲ・アンド・ゾーネ(A. Lange & Söhne)」とともに世界5大時計ブランドとも称される。

1775年にフランス・パリで誕生したブレゲ。創業者のアブラアン-ルイ・ブレゲは稀代の天才時計師で、トゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーなど機械式時計の元祖となる発明を数多く残した偉人。顧客名簿にはナポレオン皇帝やマリー・アントワネット王妃などが名を連ねていた。

創業者の死後は、子のアントワーヌ=ルイ・ブレゲへと工房を継承。しかし、3代目となる孫のルイ=クレマン・ブレゲが電気通信事業で成功を収めたため、イギリスの時計師エドワード・ブラウンにブランドを売却。1970年にフランスの宝飾ブランド「ショーメ」の手に渡るが、1987年にはサウジアラビア系の投資会社インベストコープに売却された。紆余曲折の末、1999年にスウォッチグループの傘下となり業績が回復。高級時計ブランドとして再起を果たした現在は、往年のドレスウォッチのほかにも、フランス海軍航空部隊に向けて作られた「タイプⅩX」シリーズのようなタフウォッチ路線でも評価を得る。

数々の歴史的発明により、「時計の進化を2世紀早めた」とも「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも称されるアブラアン・ルイ・ブレゲ。彼の生涯は、時計製造の中心地、スイスのヌーシャテルで1747年に幕を開けた。11歳のときに父が他界。母親の再婚相手が時計師だったことから、15歳でフランス・ヴェルサイユの時計職人のもとに弟子入りすることとなった。瞬く間に頭角をあらわしたブレゲの才能は、やがて貴族の目に留まるほどにまでなる。1775年に身分が高くブルジョワ出身の女性マリー・ルイセ・リュイエと結婚。妻の資金力が助けとなり、ブレゲは自身の工房を設立した。

ブランドをスタートさせたブレゲが、最初に残した功績が自動巻き機構「ペルペチュエル」の開発だ。世界で最初の自動巻き時計はアブラアム・ルイ・ペルレという人物によって開発されたが、とても一般的に使用できるクオリティのものではなかった。これを実用レベルにまで発展させたのが、ブレゲの自動巻き機構ペルペチュエルである。この発明はブレゲの名を一躍世に広めることとなり、フランス国王ルイ16世や王妃マリー・アントワネットとの謁見を実現した。このとき、暗闇でも音によって時を知らせるミニッツリピーター用ゴング式リピーターを開発して収めると、その美しい音色が王妃を魅了。マリー・アントワネットは、納期や代金に上限を定めることなく、「あらゆる複雑機構を詰め込んだ、どの時計よりも美しい懐中時計」を作ることをブレゲに依頼した。この瞬間から「No.160」の制作が始まり、その懐中時計を完成させることがブレゲの生涯の目標となったのだ。

フランス革命が勃発した2年後の1791年、ブレゲは均時差表示機構「イクエーション・オブ・タイム」を考案。戦火の中においても新機構発明の手を休めることのなかったブレゲだが、貴族たちを顧客としていたブレゲは革命派に命を狙われることとなる。ルイ16世が処刑された1793年、ブレゲは旅行と偽ってパリを去り、故郷のスイスへと帰国した。同年秋にはマリー・アントワネットが処刑されることとなったが、ブレゲは王妃との約束を果たすかのごとく新機構開発に没頭。重力の影響から時計が狂うのを防ぐ「トゥールビヨン」、独特のカーブを持ち精度を安定させる「ブレゲひげゼンマイ」、「パーペチュアル(永久)カレンダー」や「レバー式シリンダー脱進機」など、実質2年間のスイス生活であらゆる機構を発明。のちに完成させる「パラシュート(衝撃吸収装置)」や「マリンクロノメーター」などを合わせると、機械式時計の原理の約7割をブレゲが開発したと言われている。

フランス革命が収束した1975年、ブレゲはパリに戻った。そして経済危機に陥っていたフランスのため、時計製造の分野で国の再建に貢献。軍隊や科学者向けの時計を手がけながら、王妃との約束であった「No.160」も改良を重ねていた。ブレゲが生涯の全てを注いだ「No.160」の開発は弟子たちにも受け継がれ、1827年に完成。ブレゲが亡くなってから4年後に完成した金色に輝く懐中時計は、のちに「マリー・アントワネット」と呼ばれるようになる。

ブレゲNo.160「マリー・アントワネット(Marie Antoinette)」は、クリスタル製文字盤を採用しており内部の複雑機構を楽しめる当時としては画期的な設計だった。1983年に一度盗まれるが、2007年に発見され現在はエルサレムのL・A・メイヤー記念イスラム美術館にて展示されている。

アブラアン・ルイ・ブレゲが世に残したのは、内部的な複雑機構だけではない。針や文字盤などのデザイン面においても、ブレゲが生み出した意匠は高級時計のスタンダードとして現代に受け継がれている。

ブレゲウォッチの象徴とも言える「ブレゲ針」。1783年に考案された、丸い穴の空いたこの針は、200年以上が経つ今なおブレゲの多くのモデルに採用されている。月を思わせるデザインは誰が見ても美しく、ブランドの垣根を越えて多くの高級時計メーカーがこのブレゲ針を取り入れたモデルを展開している。

ブレゲ針と同じく、1783年に創業者が考案されたとされる「ブレゲ数字」。細くて流線的なアラビア数字は、文字盤の中で静かな個性を発揮する。ブレゲ数字もブレゲ針と同様、一般的な単語として用いられる。

Breguet-phase-de-lune-3-750x4991786年に考案されたギヨシェは、ネオ・クラシック様式からインスピレーションを得たアブラアン・ルイ・ブレゲが生み出した全く新しい様式と言える。精緻でエレガント、そして芸術的なこの文字盤は、ひと目でブレゲの時計だと認識できる際立った特徴でもある。モチーフも多種多様で、代表的なものだけでも、鋲打ちのような模様の「クル・ド・パリ」や石畳のような「パヴェ・ド・パリ」、太陽光線のような「ソレイユ」、波模様の「ヴァーグ」、籠のような「ヴュー・パニエ」、市松模様の「ダミエ」、炎のような「フラメ」などさまざま。
さらに驚くことに、ブレゲはこの精巧な文字盤を全て「手作業」で作り上げている。スイス・ロリエントのブレゲマニュファクチュール内のアトリエには、ギヨシェ専用の手動施盤が27台配置されている。職人たちは3年間の研修によって、ブレゲを象徴する装飾技法を叩き込まれるのだ。ギヨシェ文字盤を採用するメーカーは他にもあるが、ハンドギヨシェにこだわり続ける”本物”はブレゲを置いて他にはない。

細かい溝を連続して施すフルート模様の装飾「コインエッジ」仕様のケースバンドもブレゲウォッチ特有のもの。このフルート模様は、ゴールド素材に「冷鍛」という冶金作業を施し、ギヨシェ文字盤と同じく職人の手作業によって刻みこまれている。

ブレゲの時計を手にすることは、特別なステータスであることは周知の事実。熱心な愛好家たちの所有欲を満たすかのように、ブレゲの製品にはひとつひとつ個別の番号が配される。そしてこの数字は単なる飾りではなく、全てブレゲによって厳格に管理されているのだ。ブレゲ創設の初期からこの伝統は続いており、数世紀にまたがってブレゲの腕時計の足跡を辿るための手がかりとしても使われる。

a75f48dbe134357365021a3df2e94382-750x262創業者の卓越した才能で急速に成功を収めた結果、偽物が多く出回ることとなってしまったブレゲ。そのような偽造品に対抗するため1975年頃にアブラアン・ルイ・ブレゲが始めたのが、シークレットサインだ。鋭いノミで文字盤に刻まれたサインは一見しただけでは気づかず、光にかざしてようやく判読できるもの。現在でもほとんどのモデルでシークレットサインは用いられており、ブレゲウォッチを証明するものであるとともに、愛好家が惚れ込む特徴にもなっている。

目立たない部分だが、ラグに関してもブレゲの時計にはこだわりが詰め込まれている。表面が丸みを帯びた独特な形状のラグは、ストラップを留めるのに一般的なバネ棒を用いず、両端をねじで固定するバーを採用。これにより、美しい外観を維持しながら同時に安全性を兼ね備えている。ラグひとつにしてみても、他には真似できないスタイルを確立するのがブレゲの腕時計なのだ。

アブラアン・ルイ・ブレゲが1794年に開発した衝撃吸収装置「パラシュート」と可変慣性テンプを搭載。伝統の懐中時計ムーブメントを忠実に再現した「トラディション」は、文字盤側からもシースルー仕様のケースバックからもパワーリザーブインジケータを確認可能。天才時計師が生み出した内部機構を存分に堪能できる。「トラディッション トゥールビヨン・フュゼ」には自社製ムーブメント「569」が採用されており、50時間のパワーリザーブを備えている。

創業者が手がけた18世紀末の作品にインスピレーションを得て制作された「クラシック」。「クラシック クロノメトリー 7727」のダイヤル上部には「BREGUET」の文字が掲げられ、スモールセコンドがアクセントとなっている。美しいフォルムのラウンドケースにギヨシェ装飾の文字盤、ブレゲ針にコインエッジとブランドの真髄が凝縮されている。12時位置左横のシークレットサインもポイント。

ローマ数字のメインダイアルでローカルタイムを、6時位置サブダイアルのアラビア数字でホームタイムを表示する「マリーン GMT 5857」。2時位置のダイアルでは24時間表示が備えられている。この「マリーン」シリーズはスポーツウォッチのラインにありながら、上品でドレスライクな雰囲気を醸し出している。シリコン製ひげゼンマイを備えた自動巻きムーブメント「Cal.517F」を搭載。

1950年代にフランス海軍航空部隊向けに誕生したモデルをルーツに持つ「タイプXX(トゥエンティ)」シリーズ。軍用時計らしいタフな見た目は、革ベルトを採用することによって見事なコントラストを表現している。フルート模様のコインエッジやねじ式ラグなど、ブレゲの遺伝子が確かに根付いている一本。センスの高さをアピールするなら、従来のブレゲとはひと味違ったミリタリーモデルを選択肢に入れてみてはいかがだろうか。