ミニバッグとして生まれ変わった定番バッグのご紹介

長い間、発売されている定番バッグを現代風に再解釈したミニバッグが続々登場しています。
オススメしたい最新モデルを、定番モデルのサイズと比較しながら紹介していきます。
1.ノエシリーズ
シャンパンを入れて持ち運べるバッグとして登場した巾着型のノエですが、ミニサイズは丸みのある可愛いらしいデザインとなっています。
巾着型なのでバッグの口が大きく開くため、物が入れやすい機能性もポイントです。
定番サイズ
▼ノエ M42224

横×縦×マチ(幅):約27.5 cm x 36 cm x 20 cm
ストラップ:約26 cm~32 cm
ミニサイズ
▼ナノ・ノエ M41346

横×縦×マチ(幅):約13cmx15cm x 10 cm
ストラップ:約110cm
▼ノエ・パース M57099

横×縦×マチ(幅):約11-17cm × 11.5cm × 11.5cm
ストラップ:約112cm
2.サックプラシリーズ
ビジネスバッグとしても使われていたサックプラですが、ミニバッグである”プティット・サックプラ”は、デザインはミニチュアサイズとして展開されています。
また、ストラップの取り外しができる為、2WAYバッグとして使うことができます。
定番サイズ
▼サックプラ M51140

横×縦×マチ(幅):約36cm × 37cm × 9cm
持ち手:約33cm
ミニサイズ
▼プティット・サックプラ M69442

横×縦×マチ(幅):約14cm x 17cm x 5 cm
ストラップ:約106cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です