久々の30万円台、パシャ41mm WSPA0009

2021年夏から、パシャCが久々に上昇となっている一方で、このパシャ41mmについては、それほど目立った値動きとはなっていませんでした。

しかしながら、今年になるとパシャ41mmも上昇するようになり、今では3針やクロノグラフなどが、リーマンショック前の水準にまで回復といった様子となっています。

さて、スーパーコピー時計パシャ41mmにはもう1つのモデルがあるのですが、それが今回紹介するGMTであります。

2022年 カルティコピーエ新作 パシャ ドゥ WSPA0009

Ref:WSPA0009
ケース径:41.00mm
ケース厚:9.55mm
ケース素材:スティール
ストラップ:クイックスイッチ インターチェンジャブル、グレー アリゲーターレザーストラップ及びスティール製ブレスレット、スマートリンクサイズ調整システム
ムーブメント:自動巻き、Cal.1847 MC(マニュファクチュール)、約40時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、23石
仕様:時・分・秒表示、リューズにブルーシンセティック スピネルカボション
 新生「パシャ ドゥ カルティエ」の豊富なバリエーションの核が、この「パシャ ドゥ カルティエ(PASHA DE カルティエ)」41mm。小さなチェーンで繋がれたリューズ・カバーで防水性を強化するなどオリジナルのデザインを継承しつつ、ケース径が38.3mmから41.0mmに拡大され、存在感とスポーティさが倍加。さらにクイックスイッチ システムによってワンタッチで交換可能なブレスレット/ストラップ、進化した「自動巻きメカニカルムーブメント マニュファクチュール Cal.1847 MC」の搭載、強化された耐磁性、チェーンの下に秘めたエングレービングのためのスペースなど、随所に格段の進化を確認できる。

このモデルには、GMTとパワーリザーブインジケーターという機能が備わっているため、以前は「3針よりも高い」といった立ち位置となっていたのですが、2016年頃からは「3針と同水準」という立ち位置となっています。

パシャ41mmは、リーマンショック以降安価な状態となったわけですが、その際、3針が22万円程度で「驚くほど安い」という感覚だったといえます。

アベノミクス後は、多くの腕時計が上昇したわけですが、パシャ系はいずれも反応せず、長らくリーマン後水準と同程度といった様子が続いていました。

そして2016年頃から、GMTは特に安くなり、2017年には22万円程度となっていたほど。これは、リーマンショック後すら下回るといえたわけですが、それ以降このGMTのパシャ41mmは、20万円台中盤といった水準が目立つようになっていました。

前回、このGMT、すなわちWSPA0009をお伝えしたのは2019年10月でありますが、その際でも約25万円という状態。やはり、そこまで大きく変わっていない状態だったといえます。

そんなWSPA0009ですが、2022年の今、久々に上昇という様子を見せている様子となっており、現在水準は、なんと約32万円に達しているのです。

【関連記事】:ブライトリングスーパーコピーN級品通販専門店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です